セルロース断熱アップルゲートジャパン

セルロース断熱とは、パルプを原料とする紙製品を再利用してつくられた細かな紙片状の断熱材を、専用の装置を使って壁の中や屋根裏などに施工するものです。
米国ミシガン州に本社を持つアップルゲート・インシュレーション社のセルロース断熱は、セルロース断熱が普及しているアメリカで最高の断熱材として認められており、施工工程管理の品質の高さは他社の追随を許さず、建築専門家の間でも高く評価されています。
→資料ダウンロード
→アップルゲートセルロース断熱について

セルロースファイバー画像

特長

  • スピード30坪〜40坪くらいの住宅で、床施工で約1日、壁施工で約3日〜5日、天井施工で約1日の工期となります。※施工条件により異なります。
  • 性能アップルゲートセルロース断熱は、「伝導」、「対流」、「輻射」による熱の移動を効果的に阻止します。
  • コスト30坪〜40坪くらいの住宅で、約¥20,000〜(坪単価)。
    ※床・壁・天井面積及び、その他施工条件により異なります。
    ※火災保険料、優遇あり。
断熱
アップルゲートのセルロース断熱は、「伝導」「対流」「輻射」による熱の移動を効果的に阻止します。
アップルゲートセルロースは温度変化にかかわりなく性能が一定しています。
空気の侵入を防ぐことにより、冷暖房費を軽減できます。
防火
アップルゲート セルロース断熱は、独自の耐火加工と高密度施工で、燃えにくい断熱層を作ります。アップルゲート セルロース断熱は、JIS A 1321に規定する難燃3級表面防火試験に合格。
さらに、アップルゲート セルロース断熱の外壁は、国土交通大臣により防耐火構造であることが認定されています。
防音
アップルゲート セルロース断熱は、吸音性のよいセルロースを隙間なく施工することで、非常に優れた防音性能を発揮します。
外周壁・天井・床下に加えて、2階の床と間仕切壁の断熱をすることで、戸外の騒音や階上の音の軽減、二世帯住宅でのプライバシーの保護など、生活の質が向上します。
結露
アップルゲート セルロース断熱はそのセルロースを隙間なく高密度で施工しますから、湿気の流動を抑え、結露を防止します。
また、ホウ酸が添加されていますので、防カビ・防虫の効果もあります。
健康
セルロース断熱材は2003年7月1日施行の「改正建築基準法に基づくシックハウス対策」で「ホルムアルデヒド発散建築材料」として使用を規制されている建材ではありません。
また、(財)建材試験センターで実施したホルムアルデヒドなどの「有害化学物質放出量測定」でもアップルゲート セルロース断熱の安全性が確認されています。
エコ
セルロース断熱は、製造過程においても二酸化炭素をはじめとする有害物質を発生させません。セルロース断熱の施工現場では、ゴミを出しません。材料を全て使い切ります。
万一少量の「ゴミ」が発生しても、新聞紙ですから産業廃棄物ではありません。
工法
アップルゲート セルロース断熱は、セルロース断熱材を霧状の水の中を通過させ、風圧をかけて壁に吹付けるウォール・スプレーという工法を採用。
小さな隙間や手の届かない小さな空間も埋めることができます。