エスタコウォールについて②

独特の「質感」が演出する佇まい

エコラボ41で取り扱う、ヨーロッパ生まれの漆喰・エスタコウォール。スペインの小さな町で採掘された良質な大理石を主原料に、日本の気候や住宅事情に適応するよう独自の製法で作られた塗り壁材です。誕生より数年をかけて進化を遂げ、今では工務店・左官業社・設計事務所など300社以上のプロフェッショナルから選ばれる塗り壁材となっています。前回の記事にてご紹介した様々な特色以外に、エスタコウォールが持つ独特の「質感」もまた、多くの方に選ばれる理由のひとつです。塗り壁材の中には「ピカッとしたツヤ」を持つものがいくつかありますが、その理由はツナギとなる繊維質や接着剤として含まれる化学樹脂にあるとされています。その含有物が「ピカッとしたツヤ」を作り出すのです。エスタコウォールは大理石を原料とする自然素材のため、ツヤはあまりなく独特の風合いを持っています。その質感が重厚感や高級感を生み出し、建物の佇まいに独特の雰囲気を纏わせます。

多彩な表現を可能とする

エスタコウォールは職人による手塗りの作業を行います。そのため、色々な塗り方でお好みに応じた仕上げを自由自在に表現できます。洋風や和風などのスタイルに合わせて、「なし目」、「かき落とし」、「ビシャン」、「フラット」、「和紙」など、様々なディティールを楽しむことができます。また、エスタコウォール・スタンプを使うことで、レンガや石目などの自然な雰囲気を立体的に表現。室内壁・外壁どちらにも使用でき、お家に重厚感や高級感を与えます。外装専用のエスタコウォール・レボコは基本色として、ホワイト・イエロー・クリーム・ピンク・ブラウン・レッド・グレイなどを揃えています。内装専用のエスタコウォール・インドアはベース色のホワイトに専用顔料を使い着色が可能。自由に配合を調整でき、お部屋の雰囲気に合わせた多彩な表現を可能にします。エスタコウォールが作り出す自然な色味・風合いは、洋室だけでなく、「和」の空間にもマッチします。

美しい状態を長くキープします

エスタコウォールは日本の和漆喰と比べて収縮率が極めて低く、木部と壁との取り合い部分に隙間ができにくいといった特長があります。ひび割れしにくいという特徴もあり、施工後、年月を経るにしたがい二酸化炭素と化学反応を起こし、徐々に硬化し石化していくことが知られています。また、100年ほどかけて主成分である石灰石に戻ると言われており、時間とともに劣化するのではなく、逆に耐久性を増していく塗り壁材です。静電気を溜め込まないため、壁にホコリなどを付着させにくく、自己浄化作用によりキレイを保ちます。エスタコウォールが美しい状態を長くキープできるのは、耐久性・汚れにくさ・自浄作用を持つからなのです。

エスタコウォールについて

エコラボ41で取り扱うエスタコウォールは、室内壁・外壁すべてに使用できるヨーロッパ生まれの塗り壁材です。ヨーロッパの大地で採掘された良質な大理石(石灰石)が主原料の体にやさしい自然素材です。優れた吸放湿性能、放蓄熱性能、耐久性能、自浄作用を持ち、お部屋をいつでも快適で健康的な状態に保ちます。
エスタコウォールについて

2020年3月4日
この記事をシェアする