高松市・I ビル

ibuild_after01

外壁リノベーションで築60年のビルが復活!

先日、ニュースでお知らせしていた、
EIFS湿式外断熱を使った築60年以上の建物のリノベーションが終了しました。

外断熱を使った驚きのリフォーム進行中です!

劣化が激しく、タイルの乖離や漏水などがあちこちで起こっている状態から
現代的なデザインへと、見違えるほどキレイに生まれ変わりました。

EIFS湿式外断熱は、専用の劣化防止剤『ガーディアン』を使用することも大きな特徴です。
『ガーディアン』は凹凸のある下地・表面から複雑な開口部まで、あらゆる箇所を完全防水できる特殊塗料。
建物の大敵である「水分」「湿気」を完全にシャットアウトします。

こちらの建物も『ガーディアン』を塗布し、漏水部分の補修と漏水防止を同時に行いました。
『ガーディアン』処理後にEPS断熱ボードで建物全体を覆い、メッシュファイバーで躯体の補強を行います。
最後に仕上げの塗り壁処理を行い改修工事は終了。
防水、補強、断熱効果を高めながら、まるで新築の様な見た目に復活しました。

このような旧いビルでも、タイルを剥がすなどの大規模改修をせず、コストを抑えた改修工事が可能です。
EIFS湿式外断熱を使った『外壁断熱リノベーション』で、建物の資産価値を向上!
老朽化したビルやマンション、大規模施設などへのご利用にオススメです。

 

EIFS湿式外断熱は、その高い品質とコストパフォーマンスから、
北海道の星野リゾート・アルファリゾート トマム改修工事でも採用されています。

EIFS湿式外断熱について

2020年6月11日
この記事をシェアする